--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.01 21:16|人形制作日誌
今作っている人形、
「ダンサー人形」と呼んでいます。
(正式なタイトルではない呼び名が、なんとなくいつも有ります)

球体関節人形って、展示する時は、寄りかかる様に座らせるか、
横たわらせるか、或いはスタンドで立たせる…とか、大体そんなですよね。

それはそれで可愛いのですが、ちょっと違った感じに展示出来ないかな〜と思い、
頭の中に浮かんだのが、バレエダンサーみたいなポーズでした。

元々バレエが好きで、時々観に行っています。

肉体を限界まで使って表現するダンサーたちは、
人間であって人間でない存在のように、見えます。

球体関節人形の関節の可動域は、とても限定されていて、
そんなダンサーたちの魅力を表現するには、適していないように思えます。

でも一度浮かんだイメージは、なかなか消えようとしなかったので、
あまり深く考えないで(私の悪いクセ)とりあえず作り始めることにしました。

そして、どうにか、カタチになるところまで来ました。


バラバラな状態の球体関節人形って、何故かすごく魅力的。
今から組んでみます。

P1270749.jpg
全長121㎝。
頭部がわりに小さいので、作っている時はさほど大きく感じなかったのですが、
組んでみると意外と大きいです。

P1270753.jpg
一番心配していた腕のラインも、柔らかく繋がりました。

P1270754.jpg
股関節の自由度も、まあまあ確保出来ました。

P1270755.jpg
肩関節の形状を工夫して、腕が上がるようにしました。

そんなに可動域に拘るのなら、二重関節にしたら?
いや、いっそのこと球体関節なんて取っ払って、ポーズ人形にしたら?

…という考えも有りますよね。

自分でも、どうしてそうしないのかな〜?って(笑)

上手く言葉で説明出来ませんが、そうしないのが美しいと思ったから、
そうしなかったんだと思います。

二重関節にして色々なポーズをとらせる楽しさや、
一瞬の美しさを切り取ったポーズ人形の潔さ、

…ではない美しさ。

塗装もまだこれからですし、細部の仕上げも、決めかねていますが、
(何より展示するポーズが未定)
自分が美しいと感じる気持ちを信じて、仕上げていこうと思います。
スポンサーサイト
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

ホシノ リコ

Author:ホシノ リコ
2008年より人形制作開始
2011.11 目黒ジェオグラフィカ
「ピグマリオン人形展」
2012.2 銀座ギャラリー悠玄
「夢と眼差しのあわいに展」
2012.5 パラボリカ・ビス
「夜想+ピグマリオン展」
2012.10「ドールアート展inうつくしま」
大賞受賞
2013.2「ワンダーフェスティバル・冬」
2013.2 アモーレ銀座ギャラリー
「アモーレ人形館」
2013.7 スパンアートギャラリー
「5つの小さな星」

Twitter

ツイッターやってます!

Twitterボタン
Twitter

Twitter...A

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。