スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ王子熱演

2011.05.16 18:52|日々のあれこれ
Kバレエカンパニーの公演を観に行ったのに、記事にするのを忘れるところでした。

先週の「素敵な13日の金曜日」の締めくくりが、これでした。
ハードな一日だったな~(遠い目)

渋谷から、駆け足で上野の「東京文化会館」に。
着いたのは、開演3分前でした(汗)

Kバレエカンパニーは、熊川哲也さんが看板だけど、
私が見たのは、宮尾俊太郎クンが主役の「ロミオとジュリエット」

宮尾俊太郎クンは「バレエ王子」って呼ばれてるんです。
チケット取ってから調べて、初めて知ったけど(笑)

噂にたがわず、超イケメンでした。
白いタイツも、良くお似合い。
背も高いし、脚も長くて、お尻もキュッと上がってて…(うっとり)

一番最後の、ジュリエットが死んじゃったと思って、ロミオが悲しむシーンが印象的でした。

ロミオがジュリエットを揺さぶったり、引きずり回したり、放り投げたり…
そんなハードな状態で、ぐったり死に続けるジュリエットに脱帽!

しかし宮尾クンは、昨シーズンまで千葉ロッテマリーンズに居た西岡選手にそっくりだな。

そのことに気付いてからは、
私の中のもう一人の私が「ニシオカ~」「ツヨシ~」と大騒ぎ。
それを鎮めるのに、苦労したけど…

やっぱり、バレエって楽しい!
今読み返してみたら、あまりにも「何見に行ってたの?」的な記事ですね。
反省します。

あの日の私は、きっと落ち着きのない子供みたいだったのでしょう。
いまひとつ、物語の中に入りきれなかったようです。
もったいないことです。

何でバレエにこんなに惹かれるのかな~って、最近よく考えます。

オーケストラの演奏もそうだけど、
多分「今、この時」が、一回こっきりのものであることを、
ダンサーたちが、身をもって教えてくれるからではないかしら…

繰り出される超絶技巧の数々も、一瞬一瞬で消えてしまう。

でも、その一瞬のために自分の全てを賭けているダンサーたちが、
私の目の前に居てくれて。

本当に素敵な時間だと思います。

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ホシノ リコ

Author:ホシノ リコ
2008年より人形制作開始
2011.11 目黒ジェオグラフィカ
「ピグマリオン人形展」
2012.2 銀座ギャラリー悠玄
「夢と眼差しのあわいに展」
2012.5 パラボリカ・ビス
「夜想+ピグマリオン展」
2012.10「ドールアート展inうつくしま」
大賞受賞
2013.2「ワンダーフェスティバル・冬」
2013.2 アモーレ銀座ギャラリー
「アモーレ人形館」
2013.7 スパンアートギャラリー
「5つの小さな星」

Twitter

ツイッターやってます!

Twitterボタン
Twitter

Twitter...A

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。