スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの銀座

2011.06.06 19:16|作品展
金曜日に「波平」の塗装予約を取ったので、
本当は、ブラブラしてる余裕は無いはずなんだけど…

久しぶりに銀座に行って参りました。

お目当ては映画鑑賞…
周防正行監督の「ダンシング・チャップリン」

とても楽しめましたよ。
バレエに対する愛がギュッと詰まった映画です。
バレエ好きの方に、安心してお勧め出来る内容です。
(まさに今この時期、バレエ好きが安心して楽しめない映画が有る…らしい。笑)

前半ドキュメンタリーになってるので、舞台を創り上げていく過程までも楽しめます。
もちろん、後半のバレエも素晴らしい。
チャップリンを演じるルイジ・ボニーノさんが、本当に魅力的。
バレエダンサーとしても、人としても。

それから、個人的にチクンと気になったのは、バッハの音楽。
結構使われています。
同じローラン・プティさんの振り付けの「若者と死」も、バッハでした。
バッハでバレエを踊ると、なんだかシュールというか、観念的というか(上手く言えない)
…になるんですね。
ニルバーナの合間に、たまにバッハを聴いていたし、
これからはバッハブームになるかも?です。

清々しい気分で映画館をあとにして…

先生のブログで見て、すごく気になっていた作品展に行って参りました。
青木画廊で、開催中の「山本じん展」

とてもとても素晴らしかったです。

原画を直に見ることでしか、得られない感動でした。

こんな感じなのかな~?って予測していたものとは、全く異次元のものを目にした驚き。
今回は特に大きかったです。

山本じんさん御本人も在廊でしたので、
私はまた、なんだーかんだーと質問してしまいました。
殆ど失笑を買うような拙い質問ばかりです。
ここには書きません(笑)

なんだろうな…
あんな素晴らしい作品を見せられると、
自分の、制作に対する在り方「これで良いのか?」って、
問われてるような気がしてしまいます。
自分の甘ちゃんぶりが嫌になるというか…
下手なのは仕方ないとしても。

まあ、私が心の中で自分と引き比べてると知ったら、
山本じんさんも、さぞや御迷惑なことでしょう。
悲しくなるから、もう黙りますが、最後にひと言。

10日(金)までです。絶対見るべし!

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ホシノ リコ

Author:ホシノ リコ
2008年より人形制作開始
2011.11 目黒ジェオグラフィカ
「ピグマリオン人形展」
2012.2 銀座ギャラリー悠玄
「夢と眼差しのあわいに展」
2012.5 パラボリカ・ビス
「夜想+ピグマリオン展」
2012.10「ドールアート展inうつくしま」
大賞受賞
2013.2「ワンダーフェスティバル・冬」
2013.2 アモーレ銀座ギャラリー
「アモーレ人形館」
2013.7 スパンアートギャラリー
「5つの小さな星」

Twitter

ツイッターやってます!

Twitterボタン
Twitter

Twitter...A

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。