スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い友人と会う

2011.07.02 16:08|作品展
ちょっと時は前後しますが、6月の最後の日、古~い友人と会いました。

彼女「レーコ」とは、大学が一緒だったのですが、
お互い結婚して子供が生まれると、疎遠になっていました。
なので、会うのは実に20年ぶりくらい!

銀座の三越で待ち合わせて、二人して出かけたのは…

ギャラリー なつかで開催中の「伊東敏光展」(7月9日まで。日曜休廊)

伊東君も、実は同級生です。
しかし彼は、1年で他所の大学に替わっちゃったから、厳密には同級生ではない。
しかし彼は、嫁サンだけはウチの大学で掴まえたから、同級生の彼氏ということで、
学生の頃は、よく一緒に遊んだものです。

彫刻家の王道をいってるような伊東君の作品展ですが、
「風景を彫刻にしたい」と言う彼の作品は、なかなかユニークなんじゃないだろうか。
昔から、どーんと存在感の有る作品を、作っていたもんな~(しみじみ)

すぐ近くの文芸春秋画廊で、開催中の「竹田光幸展」(7月9日まで。日曜休廊)

レーコと私、それにイトークンも加わって、出かけました。

こちらは、学生の頃にお世話になった竹田大先生の作品展。
先生も在廊だったので、ちょっと緊張した~(笑)
若い頃教わった先生には、今でもやっぱり頭が上がりませんね。
(そう思うと、今教わってるどこぞの先生に対しては、
いかに好き勝手にものを言ってることか。ははは)

話がそれた。

昔からエネルギッシュな方でしたが、今もその創作に対する意欲は凄いです。
すごい大作だし、技術的にもかなり難しいことをやってるのに、
これだけの量と質で揃えるとは…

凄過ぎる。

頭が上がらないどころか、ひれ伏したくなった私でした。

竹田先生の作品は木彫だけど「木漏れ日を表現したい」という造形は、
やっぱりかなりユニークだと思います。

伊東君にしても竹田先生にしても、
人がやっていないことをやりたい!常に新しい造形を探したい!っていう、
強い気持ちを持っているところが、私には印象的でした。

その後、急な雨ニモ負ケズ、レーコと銀座の画廊巡り。

レーコは私の百倍くらい社交的な性格なので、
画廊主さんとのおしゃべりにも花が咲き、
濃くて楽しい時間を過ごすことが出来ました。
昨日も会って今日も会ってるかのような、自然な空気。

古い友達って、良いものですね。

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ホシノ リコ

Author:ホシノ リコ
2008年より人形制作開始
2011.11 目黒ジェオグラフィカ
「ピグマリオン人形展」
2012.2 銀座ギャラリー悠玄
「夢と眼差しのあわいに展」
2012.5 パラボリカ・ビス
「夜想+ピグマリオン展」
2012.10「ドールアート展inうつくしま」
大賞受賞
2013.2「ワンダーフェスティバル・冬」
2013.2 アモーレ銀座ギャラリー
「アモーレ人形館」
2013.7 スパンアートギャラリー
「5つの小さな星」

Twitter

ツイッターやってます!

Twitterボタン
Twitter

Twitter...A

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。